極北別世界通信
技術書典の無料配布本については、無期限で https://www.fnow.org/cabinets/cabinet_files/index/22/77112207056b57b3289031ccc6090fc0?frame_id=46 にてダウンロード配布中ですので、ご興味ありましたら是非ダウンロードしてご覧いただければと思います。 なお無料本2の内容は技術書典9で発行した有料本の補足みたいな内容になってしまっていますのでその点はご了承下さい。。。
本日から技術書典 10が開催されましたが、みなさん本買ってますか? 当方は朝から家の大掃除でございます。 全然片付きませんな。寝られるのかこれ   あとは月次映画祭デーのため、映画を見るのです
2020/12/25
明日から技術書典開幕。 本は入稿済み&無料本を一応作成済み。 基本は夏コミに向けてになりますが、Fuchsia OS のGUIインストールに向けて、NUCの購入も完了済み。 明日の夜は月イチのプライベート地味目映画祭開催日 そんなかんじ。
2020/12/10
・既存リモート環境にシングルサインオンの導入 →Rocketchatのみ完了 原稿化予定 ・その他のシステム →架空の会社の社内システムを全部OSSで作るという  試験を1年ほどかけてやろうと思っています。  なので普段使いしているApache Guacamoleとインフラ系のDNSとかを除いて  まるっと構築しなおそうと考えています。 ・Dockerプライベートレジストリをjenkinsとgitlab使って構築 →ネタとして面白そうと思ったのですが、当方がDockerを普段使いしてないので  イマイチ着手に至っていません。 ・Snipe IT使って資産管理システム →どちらかというとシステムより実際の登録と運用が肝。  導入自体は割と容易だったのですが、今回の架空の会社システム構築の際に  やり直す予定 ・Exmentの活用の具体例 →こちらも同上。設計の大切さが身に沁みますな ・Zabbixでの監視と、各種ログのとりまとめ、可視化 →監視自体は設定してますが、細かい通知とかログのとりまとめはできてません。  ただそもそも監視に何を使うかの選定を優先する予定  (その上で架空の会社のシステム構築を行う方向) ・ヘルプデスクシステムをオープンソースで何とかする →まだまだ調...